2017年3月 9日 (木)

基本技術とは何か?(サーブ、レシーブ以外)

卓球で基本技術が大切であるということは、皆が分かっていることだと思います。しかしながら、少し具体的に考えると、相手のボールのコースと球質が決まっていたら9割ぐらいは入る技術力だと思います。まずは自ら勿体ないミスをしない卓球を身に付けることが、勝つためには最優先にしなければならないと思います。相手のナイスボールに点を取られて良いので、自分がサーブレシーブと凡ミスをしないだけでほぼ上級者になれると思います。試合に勝ちたい方は、1つの考え方として参考にして頂けたら幸いです。

2017年3月 6日 (月)

トップ選手の球質

昨日、テレビ取材で先日のカタールオープンでも優勝された大島選にご指導して頂きました。田村と試合もして頂きましたが、最初全くドライブやチキータが取れませんでした。普段経験したことがない様な回転量とコースの厳しさに全く付いていけない感じでした。

もう10年以上前になりますが、世界チャンピオンの小野さんのスマッシュ、ガシアンのドライブを受けた時、私も全く返せませんでした。
トップ選手、世界で活躍する選手の球質は、同じ卓球のボールとは思えないぐらいの違いがあることに改めて気付かされました。

2017年2月25日 (土)

卓球ブーム

久しぶりのブログになります。ちょっと懐かしい感じがします。

最近、3つのテレビの取材が来ました。また小学生の初心者の問合せが毎週必ずあります。今まで長年卓球に関わって来て、この様なことは初めてです。
卓球の魅力が、より多く方に伝わり、その期待以上のものを感じて頂けるように頑張って行きたいと思う今日この頃です。

2016年8月28日 (日)

運命は性格の中にある

夏休みの間、様々な試合がありました。選手にとっても私にとっても、うれしい勝利と悔しい敗戦がありました。

[運命は性格の中にある]という言葉は芥川龍之介の有名な格言ですが、卓球の勝ち負けの結果だけではなく試合内容そのものが、性格を反映していると強く感じます。厳しい勝負程、その人の人間性がダイレクトに出て来ると思います。卓球はまさに人生の縮図で、性格が人生に大きく影響するように、卓球ライフを充実させるには自分の性格を考え直す必要性があると感じた夏でした。

2016年8月 8日 (月)

普段の努力

先日、全中予選があり何とかコンパスの選手が二人通過しました。内容はやはり相手も強く、薄氷を踏む思いでのぎりぎりの勝利でした。

ぎりぎりのポイントで、一点をもぎ取る為に必要な事は、やはり小さい普段の努力の積み重ねだと強く感じます。セットオールジュースなどの緊張する様な場面で、何をするかの決断力、信じられる技術は何となく生まれて来ません。
普段から意識して鍛え上げた戦術思考力、技術、体力などがないと迷いながらの試合になり、あっという間に負けてしまいます。悔いが残らない卓球選手としての時間を過ごすためには、やはり今を大切に一工夫した練習を実行する事が重要だと感じています。

2016年6月 5日 (日)

日本一の練習

先日、最近日本一になったチームにお邪魔して練習を見学させて頂きました。

そのチームのコーチの特徴は、大きなテレビ画面に最近の国際試合を写し出し、中国選手や石川、伊藤選手を見本に具体的に練習のコースや注意点をアドバイスされていました。選手側からするとイメージがわき、直ぐに行動に移しやすいのではないかと思われます。これは練習だけではなく全国大会などの重要な試合では、各ライバルチームのビデオを分析して選手達のスマホに戦術や注意点を動画と言葉で送るそうです。さすがに日本一になるチームはやることが徹底していると関心させられました。
少しでも良いところを真似して取り入れたいと思いました。

2016年4月30日 (土)

あたり前の基準

昨日、親戚の葬儀がありました。私自身も両親や身内の死を経験して来ました。身近な人が亡くなった時に色々と感じることがありますが、

死をリアルに感じることが、自分自身の生き方を考えるきっかけになったり、普通の生活がいかにありがたいことかに気付かされます。あたり前の生活、試合の勝ち負けに一喜一憂したり、親子喧嘩したり、仕事のことで悩んでみたりできること自体がどれだけ有り難いことかを死を持って考えさせられます。
何もない日こそ不平不満の感情に支配されず、あたり前のありがたさを感じながら生きて行ければ、1日1日がより輝く様な気がします。

2016年4月26日 (火)

骨ストレッチという選択

久しぶりにブログを書きます。

最近は、ご存じの方も大いと思いますが、骨ストレッチというストレッチについて書きたいと思います。私自身10回程、講習会にも参加しましたが、私の感覚では体重が五キロぐらい軽くなり、高校生の時の身体に戻ったような錯覚に陥る程、身体全体が動く様になります。特にジャンプする時などが、お腹の中から動くような感覚があり、楽に動ける様になります。卓球では、これをBB理論と合わせてやると、ブチ切れカットに対するカット打ちやフォア前のフリックが信じられないくらい軽々できる感覚があります。如何に体幹を動ける状態にして、打法に結びつけることが重要かを痛感しています。興味のある方は、1度試してみて下さい。

2016年2月 9日 (火)

翔龍というラバー

新製品ではないですが、ヤサカから出ているラバーで翔龍というラバーがあります。最近の卓球王国のホームページでお薦めラバーで紹介されていたので、中国式ペンに張ってみました。今までの中国ラバーよりずっとスピードが出て回転も鋭角でボールを捉えるとかなり掛かります。想像以上に良かったので、自分の日本式ペンにも張ってみました。今まで私はテナジー05を使っていましたが、それ以上に回転もスピードも出ます。たまたま良いラバーに当たったのかどうか分かりませんが、すこぶる良いラバーだと思います。シェークでも検証して良ければフォア面のラバーとしてお薦めしていきたいと思います。

2016年1月 7日 (木)

感謝できない病

最近読んだ本に、何となくやる気が出ない、やりたいことが見つからない、生活に張りがないので、どの様に生きて行ったら良いのか分からないという相談者に対して美輪さんが返答されていました。原因は感謝できない病で、不平不満ばかりに視点が行ってしまう厄介な本性にあるとの答えでした。
これを読んで、大なり小なり自分自身も少し心が痛みました。自身が様々な苦労をし、普通の生活に対して感謝できるような心持ちの時は、良い循環が生まれる気がします。しかしながら良い循環の時に勢いに任せた生活をしていると、マンネリ感が出てきたり、何となくやる気が沸いて来ない気がします。
大人でも子供でも感謝の気持ち、様々な条件が整って卓球をさして頂いている感覚がある人は伸びていると思います。逆に不平不満が、まず口から出るタイプの人は、また不平不満を口にしたいような悪循環が続いているように見受けます。皆さんいかがでしょうか?

«年始の合宿

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ